ホーム > 歯科用CTについて

歯科用CTについて

歯科用CTについて

歯科用CTのイメージ

安全にインプラント治療を受けるためにも歯科用CTを導入しているかは大きな判断基準となります。
CTスキャンにより、従来では見えることがなかった、3次元の撮影ができ、より詳細にお口の中の状態を調べることができます。
それによりインプラント治療を行う前に安全で正確なシュミレーションを行うことが可能になりますので、
インプラント治療の成功を高めることができます。

インプラントシミュレーション

インプラントシミュレーションのイメージ 神経の位置を確認し、植立するインプラントの本数、長さ、太さ、ポジションを決定します。採用するインプラントの種類やメーカー、使用する器具などを考慮し、入念な手術シミュレーションを行います。それにより、正確で安全なインプラント手術をする事が出来るのです。
 術前にこの様な入念なシミュレーションを行う事により、手術時間の短縮や、術後の痛み発生を少なくする事ができます。

親知らずの抜歯

インプラントシミュレーションのイメージ 下顎に埋まっている親知らずの抜歯は、注意が必要です。横に寝ている親知らずは、下顎菅という神経に近づいている事が、非常に多いからです。この神経を傷つけづに、安全に抜歯するには、インプラントと同様の、正確な診断と、入念なシュミレーションが大切で。よほど困難なケースで無い限り、親知らずの抜歯を行っております。
また、ピエゾデバイスという、骨だけ削り、神経や、粘膜を傷つけない、高度な器械も導入しておりますので、安心してご相談下さい。

根尖病変の診断

インプラントシミュレーションのイメージ 上の画像の左下5番の歯ですが、根っこが悪くなり根尖病変が出来ています。(下顎の歯の右から3番目の歯です)
根っこの先の骨が溶け、黒く透過して見えます。根の治療をすれば、骨が回復しそうに思えます。ところが、下の、3次元画像を見ると、とても根の治療をすれば良くなるとは思えないほど、骨が溶けています。歯にひびが入っているのも確認できます。診断としては、残すのが非常に難しいので、抜歯ということになります。もし3次元の診断がなければ、延々と治るあてのない歯の根っこの治療を続け、挙句の果てに、抜歯になっていたかもしれません。
 3Dの診断はそれほど威力があるものなのです。

子供の矯正治療時の診断

インプラントシミュレーションのイメージ 子供の矯正治療。二次元の診断では、欠損している永久歯があるか、どの方向の向かっているかが、大まかに解るていどでした。
歯科専用用CTを用いた3D診断により、軟組織の状態(唇や、皮膚、筋肉の着いた画像)がよくわかります。そこから、徐々に軟組織をはがして行き、歯と骨だけの画像にします。さらに骨を薄くする事により、埋まっている歯の大きさ、形、向きなどが正確に確認できます。
アクセス

もり歯科医院
〒800-0237
福岡県北九州市小倉南区中貫1-14-13
【電話受付時間】
9:30~13:00 / 14:30~18:30
(休診日:日曜、祝日、第1・3土曜日)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
院長インプラントブログ